HOME>アーカイブ>採点や集計にマークシート導入はメリットがいっぱい

マークシート導入する目的は?

マークシートの導入する目的として、結果を時間短縮・効率よく集計したいということが主な理由となっています。

マークシート導入メリット

  • 1件1件人が集計していたことを機械で集計することができます。
  • 集計結果をデータベース化することができます。
  • データとして残すことができるだけでなく、活用することも可能になります。
  • データを項目ごとに整理をすることができたり分類することができます。
  • 採点や集計作業のミスを最低限に抑えることができます。
  • マークシートを利用している人が多いほど手間がかかりますが、マークシートを導入すると時間をかけずに作業が完了すること可能です。
  • 記入の場合には、採点者の考えが反映することがあるが、マークシートは公平性がアップします。
  • はっきりとした回答結果を出すことができます。
  • 回答欄を空欄で提出するということを防ぐことができます。
  • スキャナを使うと手軽に読み取ることができるマークシートもあります。

試験やアンケートの集計を早くするには

ノートを取る

マークシートとは、試験やアンケートなどに用いられます。解答用紙のことを指します。塗りつぶす場所を用紙に定めておき、鉛筆やシャープペンシルで塗りつぶし、専用の機器で読み取ることで採点や集計を容易に行うことができます。最近ではスキャナや複合機で読み取れるマークシートも開発されています。公務員試験や大学入試センター試験などをイメージすると良いでしょう。マークシート方式の最大のメリットは、採点や集計の速度が速いことです。また、筆記などに比べ客観性があるとも言われます。

データ整理方法の弱点

ノートを取る

集計が早く客観的というメリットとは逆に、デメリットもあります。マークシートの回答には多くのタイプがあり慣れる必要があります。とは言っても、解答する側からすると指定された領域内を筆記用具で塗りつぶすに際して、機械が正しくにに読み取れない場合があります。欄から外れてマークしてしまった場合やマークが薄い場合などがありますから、注意が必要です。また、使用する筆記用具には、鉛筆もしくは、シャープペンシルが用いられ、マークシートによっては、HB~2Bなどと芯の硬さを指定されている場合もあります。マークシートを導入する側のデメリットもあります。まず、初期投資としての費用の問題です。処理するデータの量と導入費用の比較が必要です。これに関連して、導入したら他システムへ変更しにくいと言えます。さらに、導入により、問題やアンケートの形式をマークシート用に作り直す必要があります。